インターネットで買ってみよう

最近ではシャチハタといって、インクが内蔵されていて押印する時に朱肉がいらない判子もあります。
その手軽さから非常に人気があります。
街のハンコ屋や、100円ショップにずらーっと並んでいる手頃な価格の判子のほとんどは認印で、
シャチハタもそれに含まれます。
ただし、珍しい名前の方は置いてある事が少ないので、特注になってしまいますね。

印鑑を買う際に、最も便利なのはインターネットのハンコ屋さんで購入する事だと思います。
そんな時にインターネットならば、都合に良い時間に自宅に居ながらにして
10軒以上のお店を見て回ることが可能だからです。

手彫りの本格的な印鑑から、機械彫りのもの、材質も最高級品といわれる象牙からシャチハタまで
ありとあらゆる種類の印鑑が用意されていますから、初めての時には迷ってしまうかもしれません。

予算内で出来るだけ好みにあった印鑑を探そうと思ったら、
出来るだけ多くのものを見比べた方が良いので、その点でもインターネットは便利です。
印鑑の素材とサイズを選んで、次に彫る文字の書体を選びます。
サンプルで出来上がりを確認して値段に納得がいったらいよいよ購入手続きです。

とにかくすぐ欲しい場合でも、既成のものが用意されていますから心配ありません。

初めて印鑑を買う時は、せっかく印鑑が届いたのに、
朱肉がなくてすぐに使えなかったなんて事のないように、
一緒に朱肉や印鑑ケースも忘れずに買うようにしましょう。

特に、代表印は個人の印より大きめです。
小さな朱肉では押しづらいかもしれませんので気をつけましょう。


*このサイトは現在準備中です